magnify
formats

ドライバーインストール

Published on 2014年5月11日 by in PC作成

ドライバーインストール

ドライバーをセット

次にマザーボードに付属のドライバーをインストールします。
ブルーレイドライブトレイにメディアをセットして、インストールの開始です。

 

ASSETUP.EXEの実行をクリック

次のような画面が現れますのでASSETUP.EXEの実行をクリック。

 

ユーザーアカウント制御画面

ユーザーアカウント制御が出てきますので、はいをクリック。

 

ロード中 画面

ロード中画面です。

 

ASUS InstAllをクリック

ロードされたら

 

ロード中 画面

ロード中画面。

 

自動的にインストール(推奨)を選択

インストールの選択画面が現れ、自動的にインストール(推奨)を選択でOKをクリック。

 

今すぐインストールでOKクリック

今すぐインストール画面でOKをクリック。

 

インストール中 画面

インストール中画面

 

ドライバーインストール完了

これでインストール完了です。
再起動すれば解像度も普通になりこれで通常通り使える状態に。
後は少し動作確認しましたが特に問題もないのでPCケース前面のパネルもはめ込んで、サイドパネルも取り付けて完成です。

 

PC作成時から遅くなって過去の作成時の更新を一気に投稿しましたが、その後のPCもさらにパーツ交換追加で進化しております。

 

 

気になる生活雑貨通販
コスプレスタンダード
ファッションスタンダード

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
No Comments  comments 
formats

Windows7(OS)インストール

Published on 2014年5月11日 by in PC作成

Windows7(OS)インストール

起動メディア要求画面

BIOS設定終了後に表示されたメディア要求画面です。
ここまでくればあともう少し次はOSここではwindowd7をインストールします。

 

Windows7メディアをセット

Windows7のメディアをブルーレイドライブトレイにセットして、インストールの開始です。(PCケース前面のパネルはまだ外したままなので不細工ですが後で取り付けます。)

 

メディアローディング中 画面

ローディング中画面。

 

Windows7インストール画面

Windows7インストール画面。
(まだドライバーがインストールされていないので画面の解像度は低いままです。文字がでかい。)
日本語を確認して次へをクリック。

 

今すぐインストールをクリック

今すぐインストールをクリック。

 

ライセンス同意画面

ライセンス画面。同意をチェックして次へをクリック。

 

新規インストールをクリック

インストールの種類選択画面。
今回は新規ですので新規インストールをクリック。

 

インストールドライブ選択

インストールドライブを選択して、次へをクリック。

 

Windows7インストール中 画面

Windows7インストールの開始です。あとは待つばかり。

 

ユーザー名、コンピュータ名入力画面

次にユーザー名、コンピュータ名を好きに決めて入力して次へをクリック。

 

パスワード設定画面

パスワードは特に今は設定しないのでこのまま次へをクリック。

 

プロダクトキー入力画面

次に購入したWindows7のメディアのプロダクトキーを入力して次へをクリック。

 

重要な更新設定画面

次に、重要な更新設定は推奨設定を使用しますをクリック。

 

タイムゾーン設定画面

タイムゾーンを確認して、次へをクリック。

 

ようこそ画面

これでようこそ画面が現れます。

 

デスクトップ構築中

次にデスクトップの準備をしています画面。

 

Windows7インストール完了

これでWindows7インストール完了です。
まだ画面解像度が低いので不細工な画面ですが。
次にドライバーをインストールします。

 

 

気になる生活雑貨通販
コスプレスタンダード
ファッションスタンダード

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
No Comments  comments 
formats

パソコン起動・BIOS設定

Published on 2014年5月11日 by in PC作成

起動・BIOS設定

起動直後の画面

緊張の瞬間。電源ONで起動するかというところです。
起動したらこんな画面が出てきて要求待ちに。
F1キーを押せばいいということですね。

 

ASUS EFI Bios画面 EZ Mode画面

BIOSが起動しました。ここで正しく認識されているか確認します。
最近のBIOSはUEFI対応グラフィカルなインターフェースになっていてマウス操作でわかりやすくなっているということです。起動時はEZ Mode(最小限構成の確認)になっています。

 

CPU、メモリ確認

CPU名、動作周波数、メモリ容量、動作周波数など正しく認識されています。

 

右上のメニューから終了又はAdvanced Modeへ

右上のメニューから終了またはアドバンスドモードへ。

 

Advanced Mode選択

アドバンスドモードも少し確認。



Advanced Mode画面

アドバンスドモードでは細かい設定がいろいろできますが、なかなか内容がわかっていないとできませんので、ここでは見るだけ。
CPUやメモリ、日付など確認して合っておればOK。

 

保存して終了

設定内容を変更した場合は保存して終了。
私は特に何も変えていませんが動作確認ができましたのでこれでOKで終了。

 

メディア要求画面

次にこのような画面が現れて、このあとWindowsをインストールします。

 

 

 

気になる生活雑貨通販
コスプレスタンダード
ファッションスタンダード

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
No Comments  comments 
formats

パソコンパーツ各種配線を行う。

Published on 2014年5月11日 by in PC作成

各種配線を行う。

すべてのパーツを順番に配線していきます。どこに何をつなげばいいかは説明書に合わせて、マザーボード上にも文字が書かれていますのでだいたいわかるかと思います。
電源とマザーボード(メイン電源24ピンコネクタケーブルEATXPWR)
電源とマザーボード(+12V8ピン電源コネクタケーブルEATX12V)
電源とハードディスク(SATA電源コネクタケーブル)
電源とブルーレイ(SATA電源コネクタケーブル)
電源と正面FAN(FANの電源ケーブルより)

マザーボードとブルーレイディスク(SATAケーブル)
マザーボードとハードディスク(SATAケーブル)
マザーボードとRESET SWケーブル(PCケースからの)
マザーボードとPOWER SWケーブル(PCケースからの)
マザーボードとLED用ケーブル類各種(PCケースからの)
マザーボードとオーディオ用ケーブル(PCケースからの)
マザーボードとUSB(PCケースからの)
マザーボードとケースFAN(FANの電源ケーブル)など。

24ピンメインコネクタ

まず電源とマザーボード(メイン電源24ピンコネクタケーブルEATXPWR)
マザーボードの24ピンメインコネクタ部へ

 

メインコネクタケーブルを接続

電源からメインコネクタケーブルをつなぎます。メインコネクタ部へ。

 

延長ケーブルで+12Vコネクターへ接続

次は電源とマザーボード(+12V8ピン電源コネクタケーブルEATX12V)
ここでは裏からまわしたいので電源付属のケーブルでは届かないので延長ケーブルを別途購入、接続しています。

 

延長ケーブルで+12Vコネクターへ裏配線接続

電源から一旦下から裏へ出し上から戻してマザーボードへつないでます。
+12Vコネクターへ。

 

裏側からハードディスクへ接続

ここは裏側。下から来た電源ケーブルをハードディスクへ接続。同様に写真には写っていませんが、マザーボードからのSATAケーブルもここからハードディスクへつなぎます。

 

SATA6Gb/sケーブル

マザーボードに付属のSATA6Gb/sケーブル。
これでマザーボードSATA6Gとハードディスクを接続します。

 

SATA3Gb/sケーブル

マザーボード付属のSATA3Gb/sケーブル。
これでマザーボードのSATA3Gとブルーレイディスクドライブを接続します。

 

ハードディスクからのSATA6Gb/sケーブルをマザーボードへ

マザーボード上のSATA6GとSATA6Gb/sケーブルをつなぎ、反対側は裏へ出して先ほどのハードディスクへ接続します。
マザーボード上色分けされてます。(SATA6GとSATA3G)

 

ブルーレイドライブからのSATA3Gb/sケーブルをマザーボードへ

マザーボード上のSATA3GとSATA3Gb/sケーブルをつなぎ、片方はこの上の方向のブルーレイ側につなぎます。

 

ブルーレイドライブに電源ケーブルとSATA3Gb/sケーブル接続

ブルーレイドライブに電源側からきた電源ケーブルと先ほどのマザーボード側からのSATA3Gb/sケーブルがつながった様子です。

 

QコネクターへRESET SWケーブル差し込み

マザーボードに付属のQ-Connector(変換アダプター)に
RESET SWケーブル(PCケースからの)
POWER SWケーブル(PCケースからの)
LED用ケーブル類各種(PCケースからの)を差し込みます。
その後マザーボードの所定の位置へ変換アダプターごと差し込みます。

 

Qコネクターへ(RESET SW、POWER SW、HDD LEDケーブル)

RESET SWケーブル(PCケースからの)
POWER SWケーブル(PCケースからの)
HDD LED ケーブル(PCケースからの)を
Q-Connector(変換アダプター)に差し込んだ様子。

 

Qコネクターへ(POWER LED-、POWER LED+ケーブル)

今度は裏側。
POWER LED- ケーブル(PCケースからの)
POWER LED+ ケーブル(PCケースからの)を
Q-Connector(変換アダプター)に差し込んだ様子。

 

Q-Connector(変換アダプター)ごとマザーボードへ

Q-Connector(変換アダプター)ごとマザーボードへ差し込みます。

 

HD AUDIOケーブルを接続

HD AUDIOケーブル(PCケースからの)をマザーボードへ差し込み。

 

USBケーブルを接続

USB(PCケースからの)ケーブルをマザーボードへ差し込み。
差し込み場所が3箇所ありますがどれでもOKということなので一番右端に。

 

後方ケースファンの電源をマザーボードへ接続

今度は後方のケースFANの電源ケーブルをマザーボードの近いところのCHA_FAN1と書かれているところへ差し込み。

 

ケース上のファンの電源をマザーボードへ接続

ケース上のFANはそれも上側の近いところのPWR_FAN2の所へ接続しました。
ケース正面のFANはマザーボードを経由せず、直接電源に接続しました。
これですべての配線が終わりましたのであとは電源ONで起動します。

 

 

気になる生活雑貨通販
コスプレスタンダード
ファッションスタンダード

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
No Comments  comments 
formats

ハードディスクをPCケースに取り付ける

Published on 2014年5月11日 by in PC作成

ハードディスクをPCケースに取り付ける
ウェスタンデジタル 1.5TB WD15EARX

ハードディスクをPCケースに取り付けます。
使用HDは : ウェスタンデジタル 1.5TB WD15EARX
バルク版です。

 

3.5インチベイ

PCケースの3.5インチベイに設置します。
写真は2段目に設置してる例ですが、最終的には、1段目に後で変更しました。好みでいいかと。
取っ手を引いてまず開けます。

 

3.5インチベイトレイを引き出す

引っ張り出すとトレイのような感じになっています。

 

3.5インチベイトレイ

引き出したものがこれでこれにハードディスクをはめ込みます。

 

トレイにハードディスクを設置

ハードディスクをはめ込んで固定します。ちょっとはめ込みにくかったです。

 

3.5インチベイトレイを差し込む

ハーディスクをはめ込んだトレイを取り出した時と逆に差しこみます。

 

3.5インチベイトレイを固定する

差し込んだあとパチッ指で押してと固定するだけです。
配線は後で行います。

 

 

 

気になる生活雑貨通販
コスプレスタンダード
ファッションスタンダード

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
No Comments  comments 
formats

光学ドライブ(ブルーレイドライブ)をPCケースに取り付ける

Published on 2014年5月11日 by in PC作成

光学ドライブ(ブルーレイドライブ)をPCケースに取り付ける
ブルーレイドライブ パイオニア BDR-206JBK

光学ドライブを取り付けます。
光学ドライブといえばDVDドライブやブルーレイドライブなど
使用ドライブは:ブルーレイドライブ パイオニア BDR-206JBK
今となってはやっぱブルーレイですよね。

説明書とブルーレイドライブ

箱から出した説明書とブルーレイドライブ。

前面5インチベイ

まずはPCケースの前面のパネルを外します。外したところがこんな感じでここへドライブをに差し込みます。この状態(ロック状態)でピンが飛び出てる感じです。

5インチベイ左サイド

左サイド側からロックを解除します。今回は一番上に取り付けます。

5インチベイロック解除

一番上のロックをOPEN側に倒します。これでロック解除。

5インチベイロック解除済み

ロック解除すると、一番上の段(5インチベイ)だけピンがへこんでいます。これでドライブを差し込みます。

ブルーレイドライブを設置

ドライブを一番上の段(5インチベイ)に差し込んだところ。あとはさっきの逆で、OPENからロックへ戻します。これで固定されます。配線はあとで行います。

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
No Comments  comments 
formats

電源をPCケースに取り付ける

Published on 2012年11月22日 by in PC作成

電源を取り付けます。
使用電源は :  玄人志向 630W KRPW-P630W/85+
電源ケーブルが埋め込み式でなく必要なケーブルのみつないで使用するというプラグインタイプの電源です。
電源 玄人志向 630W KRPW-P630W/85+

箱を開けると電源本体とケーブル類はバックみたいな入れ物に入っています。
電源本体と付属ケーブル

バックに収まっているケーブル類。
バックに収まっているケーブル

取り出すとこんな感じです。これをPCケースに設置します。
電源とケーブル

設置は簡単でケース内の所定の場所に置き。必要なところにケーブルをつなぎ、あとはねじでしめるだけ。
電源を設置

PCケース付属のねじで固定します。これで完了。
マザーボードやハードディスク、ブルーレイドライブへの電源の配線は後で行います。
電源をねじで固定

気になる物通販市場 ■ブランドスタンダード
コスプレスタンダード ■気になる食べ物通販
ファッションスタンダード

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
No Comments  comments 
formats

マザーボードにメモリを取り付ける

Published on 2012年10月28日 by in PC作成

メモリを取り付けます。
今回はメモリ : Team 8GB TED38192M1333Cを2枚合計16GB
このマザーボード上にはメモリースロットが4つあります。デュアルチャネルに対応ということで同じメモリ2枚または4枚セットで取り付けると性能が上がるということらしいです。左の写真の上からチャンネルA(A1(黒),A2(青))チャンネルB(B1(黒),B2(青))となっていて色分けされていて1枚の場合は左の写真の青色の一つ目(上から2つ目)へ2枚の場合は青色の2か所へ4枚の場合はすべてという具合に取り付けます。マザーボードの説明書に詳しく載っています。
マザーボード上のメモリースロット

まずは差し込むメモリースロットの両端のツメを外側に倒します。
両側のメモリースロットのツメを倒す

メモリの差し込む方向を確認して(方向が違ったら差し込めません)上からメモリの両端を両手の親指で押さえて押し込みます。少し力が必要です。上から押し込んでグサッと差し込む感覚です。そうすれば両端のツメが勝手にはまります。写真を撮りながらはできなかったので左の写真は押し込む前の写真。作業は両手で行ってください。
メモリースロットへメモリを差し込む

メモリを1枚差し込んだところ。(黒の所に間違って差し込んでますがこれは後で青色の所へ変更)
メモリースロットにメモリを差し込んだところ

差し込まれたあとはツメで固定されています。
2枚構成の場合、左の写真は間違いで、青色の2か所に差し込みます。(それが推奨ということですがこれでも動きます。)後で推奨の差し込み方に変更しています。
メモリの取り付け後

気になる物通販市場 ■ブランドスタンダード
コスプレスタンダード ■気になる食べ物通販
ファッションスタンダード

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
No Comments  comments 
formats

CPUファン(CPUクーラー)を取り付ける

Published on 2012年10月6日 by in PC作成

CPUクーラー

付属のCPUクーラーにはあらかじめ熱伝導剤がついていますのでグリスは必要ありませんが、別のCPUクーラーをお使いの場合はCPUにグリスを塗る必要があります。グリスはCPUとCPUクーラーの間で密着した状態で熱を伝わりやすくして、CPUの熱を逃がすために必要です。
CPUクーラの裏側

マザーボード上のCPU_FANと書かれている電源の差し込み位置を確認し、そこへCPUクーラーの電源ケーブルが届く位置へCPUクーラを取り付けます。4つの足(ピン)になっていますので対角線で交差する2つのピンの頭を上からパキッツと押し込みます。その後反対側の2つのピンの頭もパキッツと押し込みます。ここは力で押しこめば自動的にはまります。
CPUファンを取り付けたところ

あとはマザーボード上のCPU_FANのところへ電源ケーブルを差し込みます。
CPUクーラの電源をマザーボード上に差し込む

気になる物市場
ブランドスタンダード
コスプレスタンダード

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
No Comments  comments 
formats

マザーボードにCPUを取り付ける

Published on 2012年10月1日 by in PC作成

マザーボードにCPUを取り付け作業。 今回PC自作に使用したマザーボードは、ASUSのP8Z68-V。CPUがintelのi5-2500kです。 マザーボードにCPUを取り付ける作業は一番緊張するところで、ここさえ乗り越えれば後はそんなに難しくはない。 マザーボードにはマザーボード本体にユーザーマニアル、SATA3Gb/sケーブル、SATA6Gb/sケーブル、バックパネル、ドライバーのCDなどの付属品が含まれています。ユーザーマニアルにはCPUの取り付け方や、各種の配線など詳しく説明書が書かかれていますので初めての方でも大丈夫。 マザーボードへの作業はマザーボードの外箱の上にマザーボードを置き作業します。
ASUS+P8Z68-V
i5-2500k

マザーボードとCPU

マザーボードと付属品

 

CPUはインテル Core i5 2500K BOX。これも付属品としてCPUクーラーが付属していますので、別途購入する必要はありません。

CPUBOXの中身(CPUとCPUファン)
CPUファンとCPU

 

付属のCPUクーラーにはあらかじめ熱伝導剤(グリス)がつけられているので別途、塗る必要はありません。別のCPUクーラーをお使いの場合は必要ですので合わせてグリスも購入しておいてください。

CPUファンの裏のグリス

 

CPUソケットにはカバーがされています。まずはこれを取り外し、そこへCPUを置きます。固定レバーで(右下の止めで)固定されている状態。(外す時は下へ押して右外側にレバーをずらす止める時はその逆)

マザーボード上のCPU取り付け位置(CPUソケット)

 

CPUソケットふたの固定レバーを右へずらしてから上に上げる。

CPUソケットふたの固定レバーを上げる

固定レバーを上まで上げてるとこれでCPUソケットカバーを外せます。

CPUソケットふたを上げたところ

CPUソケットから外したカバー。

CPUソケット保護カバー

カバーを外したCPUソケットです。ここにCPUを置きます。(CPUをはめ込むというより置くという感覚です。力は必要ありません。)方向を間違えずに置くだけでOK。

CPUソケット

CPUソケットにCPUを置きます。(置く前の写真全体像)

マザーボード上のCPUソケット部

これがCPUを置いたところ。方向がありますので左下の三角のしるしなど目安に。方向が間違っているとまず置けないかと思います。置く前のソケットの写真(上)とCPUを置いた後の写真(下)を見比べて頂いたらわかるかと思います。

CPUソケットにCPUを置いたところ

ここからが一番緊張するところでCPUソケットのふたをかけて固定レバーで固定する作業です。

マザーボード上CPUソケットにCPUが収まっている状態

まずCPUソケットのふたを写真のようにふたを下します。力は必要ありません。軽くかぶせるだけ。

CPUソケットのふたをかぶせたところ

CPUソケットのふたがかぶさったところ下のねじに合うようにふたをかけます。

マザーボード上にCPUを収めふたをかぶせたところ

ここが一番緊張するところ。ここから固定レバーをゆっくり下しながら左へずらして固定する止めへ(右下)ひっかけます。ここは少し力が必要ですが丁寧に行ってください。これで固定されました。

CPUソケットの固定レバーを下げて固定したところ

マザーボード

CPU

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
No Comments  comments